ホーム  >  【大阪市東淀川区】戸建て売却に対応!売却時の住宅ローン事情・諸費用とは?

【大阪市東淀川区】戸建て売却に対応!売却時の住宅ローン事情・諸費用とは?

大阪市東淀川区で「戸建てを売却したいが、住宅ローンが残っている…」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。住宅ローンが残った状態でも戸建て売却は可能です。

こちらでは、住宅ローンの残る戸建て物件の売却についてご紹介いたします。併せて、戸建て売却時に発生する諸費用などもご確認ください。

住宅ローンが残っていても戸建て売却はできる?

ローンの文字と電卓

住宅ローンが残っていても戸建て売却を行うことができます。戸建て売却をすると、引き渡し時に売却代金が入金されます。住宅ローンが残っている場合、引き渡し時まで支払いを続け、売買代金を利用して残りを一括返済する形になります。

先に新居を購入してから住宅ローンを組むと二重ローンになるため、売り先行という方法で行動することが大切です。また、住宅ローン返済をしながら戸建て売却を行う場合、内覧対応が必要になります。購入希望者が見に来ることで購入してもらえる可能性が広がるので、しっかりと対応しましょう。

住宅ローンの支払い途中でも、工夫次第で売却することができます。何らかの事情で戸建て売却が必要になったときは、大阪市東淀川区にあるセンチュリー21令和都市開発までお問い合わせください。住宅ローンや費用など、売却に関する様々な疑問にお答えいたします。

戸建て売却にかかる税金とは?

戸建て売却を行った場合、譲渡所得税がかかります。売却によって収益が発生するため、課税対象になるのです。主な種類は所得税と住民税で、それぞれ分離課税となっており、金額は異なります。譲渡所得の算出方法は、売却価格から諸費用を差し引いた額で求めることが可能です。

また、不動産の所有期間で税率も変わってきます。そのため、大阪市東淀川区で戸建て売却を実施した後は、住民税や所得税が加算されることも考えて必ず確定申告を行いましょう。

戸建て売却時の節税方法は?

電卓と電球のイラスト

戸建て売却時に発生するコストをなるべく抑えたい場合、節税方法を把握しておくこともポイントです。

所得費用を正確に計算する

節税するためには、所得費用をしっかりと計算することが大切です。明確にわからない場合は、譲渡価額の5%を概算所得比として処理するのが一般的です。戸建て売却の場合、所得費用を多くすると不動産売却益は減りますが、それによって節税することは問題ではありません。税金と利益のバランスを考慮して調整することが大切です。

所有期間が長いことが大切

戸建ての所有期間が長いと節税することができます。長期譲渡所得と短期譲渡所得では、数百万円単位で税金が変化することもあります。また、築年数10年を超える戸建ては軽減税率の特例を利用して節税対策ができます。

戸建て売却のことなら大阪市東淀川区のセンチュリー21令和都市開発へ!費用のご質問も受付中

大阪市東淀川区で戸建て売却を検討している場合や費用について気になる点がある場合は、センチュリー21令和都市開発までご相談ください。大阪市東淀川区を拠点に、大阪市全域・周辺エリアでの戸建て売却に対応しております。取引実績も豊富で、お客様のご要望に沿った不動産売却をお手伝いいたします。

大阪市東淀川区で戸建て売却をご検討ならセンチュリー21令和都市開発

サイト名センチュリー21令和都市開発
会社名株式会社令和都市開発
1号店 住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目10−22
1号店 TEL06-6160-1018
2号店 住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目9−21
2号店 TEL06-6160-1016
代表者名石原 利憲
営業時間10:00~20:00
定休日水曜日
URLhttps://www.reiwa-018.net/

ページの上部へ