ホーム  >  【大阪市東淀川区】中古マンション売却に対応!確定申告で必要な書類・手数料とは?

【大阪市東淀川区】中古マンション売却に対応!確定申告で必要な書類・手数料とは?

大阪市東淀川区で中古マンション売却をした際は、確定申告が必要になることをご存知でしょうか。こちらでは、確定申告を行う理由をはじめ、確定申告の大まかな流れや必要書類や手数料などついて解説いたします。

中古マンション売却で確定申告は必要?

確定申告書と?を浮かべる男性の人形

中古マンション売却を行った後は確定申告が必要です。一律で決められた日程で、都道府県ごとに指定された場所で手続きを行います。

中古マンション売却後は一時的に収入があります。その場合、給与以外の収入が一定以上入ったことを証明し、また、課税分を追加で支払う義務があるため、確定申告は欠かせません。還付金が返ってくるといった可能性もあるので、マイナスの利益でも確定申告は行ったほうがよいです。中古マンション売却を検討する際は、確定申告についても併せて考えておくことをおすすめします。

大阪市東淀川区での中古マンション売却なら、センチュリー21令和都市開発がお手伝いいたします。「将来的に売却したい」「とりあえず売却価格を知りたい」という方もお気軽にお問い合わせください。

確定申告の必要書類・手数料と流れ

確定申告書と家を模した積み木

確定申告で必要になる書類や手数料、おおまかな流れについて解説いたします。

確定申告で必要になる書類
【税務署で入手するもの】
  • 確定申告書
  • 分離課税用の確定申告書
  • 譲渡所得の内訳書
【自分で用意するもの】
  • 中古マンション売却時の売買契約書
  • 不動産購入時の売買契約書
  • 仲介手数料、印紙税などの領収書

領収書や契約書関係は保存しておくことが大切です。また、中古マンション売却で利用した明細も取っておきましょう。

確定申告の流れ

中古マンション売却後は、以下のような流れで確定申告の手続きを行います。

  1. 確定申告に必要な書類を集める
  2. 譲渡所得税の計算をする
  3. 書類の作成
  4. 税務署で手続きをする

確定申告の期日間近になると必要書類を取得する方も増えるため、窓口が混雑することも予想されます。なるべく1ヶ月前までには用意しておくと、手続きをスムーズに進められます。また、譲渡所得税の計算も必要です。一人で行うことも可能ですが、公認会計士などの専門家に依頼すると確実に処理できます。記入漏れなく必要書類を作成した後は期間内に大阪市東淀川区の税務署へ行き、確定申告の手続きを行えば完了です。

大阪市東淀川区での中古マンション売却はセンチュリー21令和都市開発がサポート!

大阪市東淀川区で中古マンション売却に関するご相談がございましたら、センチュリー21令和都市開発までお問い合わせください。大阪市東淀川区を拠点に、大阪市全域・周辺エリアの不動産売却に対応しております。一人ひとりのご要望に合った売却方法をご提案し、手続き完了までしっかりとサポートさせていただきます。

大阪市東淀川区で中古マンション売却をご検討ならセンチュリー21令和都市開発へ

サイト名センチュリー21令和都市開発
会社名株式会社令和都市開発
1号店 住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目10−22
1号店 TEL06-6160-1018
2号店 住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目9−21
2号店 TEL06-6160-1016
代表者名石原 利憲
営業時間10:00~20:00
定休日水曜日
URLhttps://www.reiwa-018.net/

ページトップへ