ホーム  >  【大阪市東淀川区】中古マンション売却・査定を受付中!マンション売却の価格・相場が上がっている理由とは?

【大阪市東淀川区】中古マンション売却・査定を受付中!マンション売却の価格・相場が上がっている理由とは?

近年、大阪市東淀川区だけにとどまらず、中古マンション売却が注目を集めています。今までは中古マンションの需要があまりない、査定価格が低いなどのデメリットが見られていました。なぜ中古マンション売却の需要が高まっているのでしょうか。

こちらでは、中古マンション売却が増えている理由をはじめ、査定価格や相場が上昇する理由などをご紹介いたします。

今、中古マンションが売れている!相場・査定価格より高く売却できる可能性も!?

4つの中古マンション

中古マンションの購入を希望する方が増えています。しかし、中古マンション売却を行う方はあまり多くなく、売却物件自体は少ないです。その理由として、以前の住宅市場では中古マンションは安い価格で取引されており、「売却しても安く買い叩かれるのでは?」と考えて躊躇する方がいらっしゃるためといわれています。

このような背景から今は売り手市場となっており、現在はほとんど値下げすることなく、相場や査定よりも高い価格で買い手がつくこともあります。

大阪市東淀川区でも中古マンションの市場価格が跳ね上がりつつあります。中古マンションを持て余している場合、高く売却できる可能性も考えられます。大阪市東淀川区で中古マンション売却をご検討の際は、センチュリー21令和都市開発まで査定をご依頼ください。

中古マンションが選ばれている理由は?

中古マンションが選ばれている理由
中古マンションは低金利ローンで借りやすい

中古マンションは住宅ローンの低金利で購入しやすくなっています。中古マンションの場合、新築マンションよりも購入価格が安いので、利息も低く済ませることが可能です。

選択肢が多い

中古マンション売却に乗り出す方は少ない傾向にあるものの、ストック戸数は豊富です。そのため、数多くの物件の中から選ぶことができます。駅から近いマンションがよいなど、理想に沿った物件を見つけることができるでしょう。

資産価値が下がりにくい

中古マンションは供給戸数が多いため、資産価値の高い物件を見つけられる可能性もあります。

このような理由から、中古マンションの需要は年々高まってきています。大阪市東淀川区で中古マンションを所有しているなら、売却を検討してみることも一つです。

大阪市東淀川区で中古マンション売却・査定ならセンチュリー21令和都市開発へ!

大阪市東淀川区で中古マンション売却をご希望の際は、センチュリー21令和都市開発にお任せください。ご相談・査定から確定申告まで、不動産売却をトータルでサポートしております。お客様のご事情に応じて柔軟に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

大阪市東淀川区で中古マンション売却をお考えならセンチュリー21令和都市開発へ

サイト名センチュリー21令和都市開発
会社名株式会社令和都市開発
1号店 住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目10−22
1号店 TEL06-6160-1018
2号店 住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目9−21
2号店 TEL06-6160-1016
代表者名石原 利憲
営業時間10:00~20:00
定休日水曜日
URLhttps://www.reiwa-018.net/

ページトップへ